BLOGブログ
BLOG

食器用スポンジの正しい使い方

2018/09/27

食器洗いにはどんなスポンジをお使いでしょうか??


我が家では硬くて薄い層と柔らかくて厚い層の2層構造になっている
一般的なソフトタイプのスポンジを使用しています。
少し前にテレビでこのスポンジの正しい使い方が紹介され、ネット上で話題となったのをご存知でしょうか?


このスポンジは硬い面で食器を洗い
柔らかい面は洗剤を泡立てるためのものだそうです。


なんとなく柔らかい面で食器を洗っている方も多いのではないでしょうか?
しかし、スポンジでできた柔らかい面では汚れを取り除くことはできないそうです。


かく言う私は、傷つけたくないなと思うフッ素加工の物に柔らかいスポンジ部分を使い、それ以外の時は硬い面で洗っていました。


というのも、
新しく購入した炊飯器の説明書に
「ナイロン面、ナイロンネット付きスポンジでは洗わない」
と書いてあったのです。


ナイロン面??ってこのスポンジの硬い方ってことかしら??傷つけないようにってことかな??ネットスポンジもダメなのか!?
…その時から特に調べることもなく上記の方法で使用しています。


ですがふと購入したスポンジの裏書を見てみると…


樹脂加工製品◎って書いてある!!
(;゚Д゚)
(そして漆器は何で洗うんだろうか)


…よくよく調べてみると、スポンジにも種類が沢山あってナイロンを使用しているものとしていないものがあるようです。
そして更に、研磨剤入りのものとソフトタイプとあり、ポリエステルやらナイロンやらアクリルやらアルミやらゴムやら…本当に色々な種類のスポンジがあることがわかりました。


私が普段使用している物は、気にせずに硬い面を炊飯釡に使用して良かったみたいです。


ですが、スポンジメーカーとして名高いキクロンさんのHPで
「鍋・フライパン用カメスポ2号
~ソフトにしっかり洗える丈夫なスポンジ キズつけたくないフッ素加工品に
なるものを今回発見してしまいました…。見ると柔らかいスポンジで洗う構造になっている…。
やはりフッ素加工は柔らかい方がいいのか!?


ますますわからなくなりました(笑)


大事なのは説明書きをしっかり読んで、そのスポンジの正しい使い方を守ることですね。
(調べてみたら漆器は柔らかいガーゼなどで洗うのがベストなようです。勉強になりました。)