BLOGブログ
BLOG

取り出しやすい!乾物はコンロ下で吊り下げ収納がお勧め!

2018/11/21

子育てあるあるだと思うのですが

外出中より家にいる方が忙しい…。

慌ただしくて自分の時間も取れないことが殆どです。

 

でもやはり自分時間は欲しい…

その為に、いかに毎日を効率よく過ごすかを考えています。


 

そんな私がなかなか上手くできずにいた

乾物の収納方法を新たに閃きました!

かつ、これがなかなか使いやすいのでご紹介します(*´ω`*)


 

【まずは使う場所を考える】


 

乾物と一言でいっても様々な種類があるかと思います。

我が家でよく使うのは

ゴマ、わかめ、のり、ゴマ、塩昆布、そしてすりゴマ…


 

とにかくゴマが多い(笑)

そしてこれらは調理中に使う事が多いです。

調理中に使うのでコンロ下にしまってありました。

使う場所に収納する。

家事動線を考える収納の基本です!

 

なのでさっとしゃがんでパッと出す。

これが理想でしたが、どさっと立てかけてあっただけなので

 

塩昆布入れよう!

あ、これは白ゴマ?こっちか?

いや黒ゴマ。じゃこっちかな?いやこれはすりゴマだし!angryangryangry

 

…といった感じでもたついてしまっていました。


 

【よし!吊り下げてみよう!】

 

そこでふと、お風呂の吊り下げ収納を思い出したのです。

掃除のしやすさから何でも吊り下げているお風呂。

これも吊り下げてみたらいいのでは??

 

幸い突っ張り棒と、S字フックは常備してあります(笑)

そこで出来上がったのが画像の状態です。


 

はさむ役目は洗濯バサミ。

欲しいものはハンガーにかかった服を探すような感じ

そしてピッと取ってパッと使ってシュッと戻す(擬態語)

 

後ろにはお砂糖やほんだしなどと

ちょっとしたストックを置いています。

それらが必要なときはこれまたハンガーをまとめる様に

横にシューっとスライド。

 

まあなんて使いやすい!!(*´Д`)


 

非常にお勧めです(笑)


 

ちなみに、ひじきや切干大根などの乾物も使いますが

こちらは買ったら極力短期間で使い切るようにしています。

そして調理中には使わないので

買った時も常温保存の食料品とともに床下収納しています。

使いかけはお野菜の使いかけと共に冷蔵庫に。

 

ストックを最低限にするのもごちゃつき予防にいいと思いますよ♪